フランス文化講座

ガレット・デ・ロワ(公現祭に食べるケーキ) / Galette des Rois

ガレット・デ・ロワ(Galette des Rois)はキリスト教の祭日、Épiphanie(公現祭)を祝い、フランスで食べる伝統のお菓子です。フランス語で「galette」とは円形のケーキ、「roi」とは王様の意味。
Épiphanieは1月6日。キリストの誕生を祝って東方からやって来た、3人の王様(Rois manges)のお祭りです。

ガレット・デ・ロワには、パイ生地にアーモンドクリームが入ったフランジパーヌ・ガレット(galette à la frangipane)やブリオッシュ風ガレット(galette à la frangipane)があります。ケーキの中には、フェーヴ(fève)というものが隠されてます。このお菓子を家族や友人また職場で切り分けて食べ、フェーヴが自分のケーキに入っていたら、その人が今年の王様・王妃となります。紙製の金や銀の王冠が与えられ、幸運が1年間継続するといわれてます。

この風習は、古代ローマ時代にサトゥルヌス祭(Saturnales)という7日間のお祭りに、友達や王様にお菓子をプレゼントをする習慣から生まれたと伝えられてます。
当時はそら豆が使われてました。フランス語でそら豆は「フェーヴ(fêve)」と言います。そのため今でもフェーヴという言葉が受け継がれてます。その後、19世紀は半ばには、そら豆に代わって陶器のフェーヴが使われるようになり、今では、プレスチック製の人形などのフェーヴがガレット・デ・ロワに入っており、シャンパンや発泡ワインなどを飲みながら祝われてます。

フランジパーヌ・ガレット ブリオッシュ風ガレット
 
王冠とフェーヴ  

 

Copyright 2017 France-jp.net. 本サイトの無断転載を禁じます。

 
  • 初心者も安心なフランス語教室
  • どんどん話せるフランス語
  • メールマガジン
  • オンライン通信講座
  • フランス語通訳・翻訳
  • 当サイトの音声付のコンテンツは下記のPCブラウザ及びスマートフォン・タブレット端末に対応してます。
    予めネット環境を設定の上、ご利用下さい。
    • 対応のPCブラウザ
    Safari、Google Chrome、FireFox、IE9以上(IE8以下は音声に非対応)
    • 対応のスマートフォンやタブレット端末
    iPhone,iPad, iPad mini などiOS、Android
  • 尚、一部非対応のコンテンツもございますので予めご了承ください。
©2017 Copyright France-jp.net. All rights reserved.