フランス語インタビュー(映画俳優)

Mathieu Amalric / マチュー・アマルリック

映画『あの頃エッフェル塔の下で』主演の演技派俳優、マチュー・アマルリックの『さすらいの女神(ディーバ)たち』で来日した時のインタビューです。
映画界に入った経緯やオフの日の過ごし方、また英語が堪能なアマルリックさんに語学の学び方も伺いました。
インタビューの終了時間が迫っているという配給会社から、私に渡されたメモをマチュー・アマルリックが先にとり即反応!
彼のユニークな一面も見られますよ!

マチュー・アマルリックのプロフィール

1965年10月25日、フランス・Neuilly-sur-Seine生まれ。
父は「ル・モンド」紙や「リベラシオン」紙で活躍する記者で、母はユダヤ系ポーランド人で、「ル・モンド」紙の文芸評論家。
両親の友人であったオタール・イオセリアーニの「Les favoris de la lune(月の寵児たち)」(84)に17歳で出演をきっかけに、映画作りに魅了され、自分自身で短編を撮り始める。
自身も出演した最初の短編監督作品『笑うことができない』(90)で、アルノー・デプレシャンに見出され、彼の『魂を救え!』(92)に出演。それを機に、俳優として広く知られるようになり、デプレシャン作品の常連となる。デプレシャン作品では、『そして僕は恋をする』(96)でセザール賞有望若手男優賞、『キングス&クイーン』(04)でセザール賞とリュミエール賞とエトワール賞の主演男優賞を受賞。監督としてもコンスタントに作品を発表し、最新作『さすらいの女神(ディーバ)たち』で、2010年カンヌ国際映画祭最優秀監督賞を受賞。

jouer 演じる
scénario (m) 台本
oralement 口頭で
figé 硬直した
apprendre par cœur 暗記する
cacher 〜を隠す
avoir l'occasion de 〜する機会がある
plateau (m) (映画・テレビの)スタジオ、撮影現場
avoir envie de 〜したい
fabriquer 〜を作る
attirer 〜を魅了する、の心を引きつける
pied de caméra (m) 三脚
micro (m) マイク
filtre (m) フィルター
projecteur (m) 映写機
odeur (f) 香り
salle de montage (f) 編集室
rien faire 何もしない
précieux 貴重な
sacrifice (m) 犠牲
s'asseoir 座る
naître / né 生まれる
dans ces moments perdus 暇な時に,あいた時間に
prendre sa retraite 退職する
correspondant 特派員
vivre / vécu 暮す、住む
attraper キャッチする、ものにする
lorsque 〜の時
oreille (f)
se créer naturellement 自然できる
cauchemar (m) 悪夢
volonté (f) やる気、意志
mémoire (f) 記憶力
loque (f) ぼろぼろ
oublier 〜を忘れる
arriver à 〜に到達する
se casser 《俗》ずらかる
au suivant 次の人どうぞ
poliment 丁重に

 

 

 
  • 初心者も安心なフランス語教室
  • どんどん話せるフランス語
  • メールマガジン
  • オンライン通信講座
  • フランス語通訳・翻訳
  • 当サイトの音声付のコンテンツは下記のPCブラウザ及びスマートフォン・タブレット端末に対応してます。
    予めネット環境を設定の上、ご利用下さい。
    • 対応のPCブラウザ
    Safari、Google Chrome、FireFox、IE9以上(IE8以下は音声に非対応)
    • 対応のスマートフォンやタブレット端末
    iPhone,iPad, iPad mini などiOS、Android
  • 尚、一部非対応のコンテンツもございますので予めご了承ください。
©2017 Copyright France-jp.net. All rights reserved.