フランス語インタビュー(映画俳優)

メルヴィル・プポー インタビュー / Interview de Melvil Poupaud

『ミステリーズ 運命のリスボン』、『ぼくを葬(おく)る』のイケメン演技派俳優、メルヴィル・プポー(Melvil Poupaud)のインタビューです。

メルヴィル・プポーさんは今回で6度目の来日。以前から憧れていた京都訪問も果たす事ができ、親日感がより高まったとの事です!
映画界の父、ラウル・ルイス監督との撮影や役作り、オフ時間の過ごし方や日本の印象について語ってくれました。
インタビュー中、メルヴィル・プポーさんは「今、写真に凝っているんだよ!」とカメラを横に置き、反対に私の写真をバチバチと撮りまくってました。

フランス俳優 メルヴィル・プポーのプロフィール

1973年、パリ生まれ。母親がキャスティングディレクターだったことから、子役として映画に出演。
母がラウル・ルイス監督の『The Territory』の披露試写及び質疑応答の現場に連れて行ったことで、監督から注目され、後に『海賊の町』(83)で映画デビュー。以来、『宝島』など数多くのルイス監督作品に出演が、ルイスがパリを離れたこともあり、学業に戻る。後にジャック・ドワイヨン監督の『15才の少女』 (88)で一躍脚光を浴び、セザール賞有望若手男優賞にノミネート。『愛人』(92)、『おせっかいな天使』(93)、『いちばん美しい年令』(95)、『夏物語』(96)、『 ル・ディヴォース パリに恋して』(03)やフランソワ・オゾン監督の『ぼくを葬(おく)る』(05)など多数の作品に出演。他に兄弟とバンドを組みミュージシャン、又フィルム制作など多方面でその天才ぶりを発揮。

 
  • 初心者も安心なフランス語教室
  • どんどん話せるフランス語
  • メールマガジン
  • オンライン通信講座
  • フランス語通訳・翻訳
  • 当サイトの音声付のコンテンツは下記のPCブラウザ及びスマートフォン・タブレット端末に対応してます。
    予めネット環境を設定の上、ご利用下さい。
    • 対応のPCブラウザ
    Safari、Google Chrome、FireFox、IE9以上(IE8以下は音声に非対応)
    • 対応のスマートフォンやタブレット端末
    iPhone,iPad, iPad mini などiOS、Android
  • 尚、一部非対応のコンテンツもございますので予めご了承ください。
©2017 Copyright France-jp.net. All rights reserved.