フランス語インタビュー(映画俳優)

ラファエル・ペルソナ / Raphaël Personnaz

フランス映画『黒いスーツを着た男』、『恋のベビーカー大作戦』主演の "アラン・ドロンの再来" と称されるイケメン俳優、ラファエル・ペルソナのフランス語 インタビュー映像です。
2013年フランス映画祭で来日した際に、日本の印象や映画界に入った経緯、また、アラン・ドロンについて伺いました。
もちろんフランス語勉強の偉力をそそるようなすごい応援メッセージを頂いてます!

 

ラファエル・ペルソナのプロフィール

1981年フランス、トゥールーズ生まれ、母はギリシャ語を専門とする翻訳家。子供の頃、仮装が好きで、12歳の頃から演劇教室に通いだす。その後、舞台俳優をめざし、コンセルヴァトワールとフロランの演劇学校で本格的に演技を学ぶ。16歳の頃からTV映画に顔を見せるようになり、18歳のとき、TVシリーズ「Un homme à la maison」の主役の座を射止め、一躍、注目を浴びる。映画デビューはピエール=オリヴィエ・スコット監督の『Le Roman de Lulu』(00)。当初は脇役が中心だったものの、ジュリー・ガヴラスの『ぜんぶ、フィデルのせい』(06)などで次第に注目を集める。そして、ベルトラン・タヴェルニエ監督の『La Princesse de Montpensier』(10)で主役に抜擢され、一躍、カンヌ映画祭に旋風を巻き起こす。"アラン・ドロンの再来”と称されるイケメンのフランス俳優。


 

 

 
  • 初心者も安心なフランス語教室
  • どんどん話せるフランス語
  • メールマガジン
  • オンライン通信講座
  • フランス語通訳・翻訳
  • 当サイトの音声付のコンテンツは下記のPCブラウザ及びスマートフォン・タブレット端末に対応してます。
    予めネット環境を設定の上、ご利用下さい。
    • 対応のPCブラウザ
    Safari、Google Chrome、FireFox、IE9以上(IE8以下は音声に非対応)
    • 対応のスマートフォンやタブレット端末
    iPhone,iPad, iPad mini などiOS、Android
  • 尚、一部非対応のコンテンツもございますので予めご了承ください。
©2017 Copyright France-jp.net. All rights reserved.