フランス語インタビュー(映画俳優)

Catherine Frot / カトリーヌ・フロ

カトリーヌ・フロ

『女はみんな生きている』、『アガサ・クリスティーの奥さまは名探偵』に出演のフランスの実力派女優、カトリーヌ・フロさんのインタビューです。

幼い頃から喜劇に魅せられ、14歳でヴェルサイユ演劇院、'74年に国立芸術高等学校、次いでパリのコンセルヴァトワールで学ぶ。『アメリカの伯父さん』('80)で映画デビュー。『C階段』('84)などでその演技が注目され、'96年、セドリック・クラピッシュ監督の『家族の気分』でセザール賞助演女優賞を受賞。『パパラッチ』('98)『奇人たちの晩餐会』('98)、P.トマ監督の"La dillettante"('99),『女はみんな生きている』('01)など多くの映画で好演。フランスを代表する実力派女優。


映画『アガサ・クリスティーの奥さまは名探偵』

ressentir (v.t) 感覚・感情など〕を(強く)感じる
démarrer (v.i) スタートする
scène (f) 場面,シーン
notamment とりわけ,特に
voiture décapotable (f) オープンカー車
penser à 〜を思う
visage (m)
retrouver (v.t) 見つけ出す
gaieté (f) 陽気さ
personnage (m) 登場人物
malgré 〜にもかかわらず
typiquement 典型的に
crime (m) 犯罪
affreux 恐ろしい,ぞっとするような
ravissant うっとりするような, 見事な

quicktimeビデオムービーをご覧いただくには、無償のQuickTimeプレイヤーが必要です。
お持ちでない方は、ソフトウェアをダウンロードしてご覧ください
 
  • 初心者も安心なフランス語教室
  • どんどん話せるフランス語
  • メールマガジン
  • オンライン通信講座
  • フランス語通訳・翻訳
  • 当サイトの音声付のコンテンツは下記のPCブラウザ及びスマートフォン・タブレット端末に対応してます。
    予めネット環境を設定の上、ご利用下さい。
    • 対応のPCブラウザ
    Safari、Google Chrome、FireFox、IE9以上(IE8以下は音声に非対応)
    • 対応のスマートフォンやタブレット端末
    iPhone,iPad, iPad mini などiOS、Android
  • 尚、一部非対応のコンテンツもございますので予めご了承ください。
©2016 Copyright France-jp.net. All rights reserved.