フランス語インタビュー(映画俳優)

Juliette Binoche / ジュリエット・ビノシュ

フランス映画祭2009年の団長を務めた、『パリ』『夏時間の庭』のジュリエット・ビノシュさんの記者会見ムービーです。

<プロフィール>
Juliette Binoche/ ジュリエット・ビノシュ

1964年フランス、パリ生まれ。
舞台監督の父と女優で舞台講師の母を持つ。幼い頃から演劇に親しみ、コンセルバトワールで演技を学び、12歳で舞台に立つ。以後、TVや舞台で活動を続け、1985年アンドレ・テシネ監督の『ランデヴー (Rendez-vous)』で初主演しセザール賞の主演女優賞にノミネート。
そしてクシシュトフ・キェシロフスキ監督の『トリコロール/青の愛 (Trois couleurs: Bleu)』(93)でヴェネツィア国際映画祭 女優賞とセザール賞主演女優賞またアンソニー・ミンゲラ監督の『イングリッシュ・ペイシェント』(96)でベルリン国際映画祭銀熊賞とアカデミー助演女優賞に輝く。
『存在の絶えられない軽さ』(88)、『ショコラ』(00)、『シェフと素顔と、おいしい時間』(02)、『隠された記憶』(05)、『PARIS』(08)等で熱演。
私生活では、1993年にスキューバダイバーの男性との間に男子を出産。1999年に『年下のひと』で共演したブノワ・マジメルとの間の女児を授かる。


ビデオメッセージ単語
émouvant 感動的な,心を揺すぶる
ému (e) 感動した
émotion (f) 感動、感激
être en admiration devant 〜のすばらしさに感じ入る
politesse (f) 礼儀正しさ、丁重さ
soin (m) 気配り
conscience (f) 意識
vivre (v.i) 暮す、生きる
art de + inf. 〜のやりかた、仕方
ressentir (v.t) 〜を(強く)感じる
amour (m)
besoin (m) 必要
actrice 女優
partir (v.i) 出かける
revenir (v.i) 戻って来る、帰って来る
pays (m)
intérieur 内側
à travers 〜を通して
rencontre(f) 出逢い
grâce à 〜のおかげで
auteur 著者、作家
metteur en scène 監督
joie (f) 喜び
privilège (m) 特権
personnage (m) 役柄
voir (v.t) 〜を見る、〜に会う
étonné (e) 驚いた,びっくりした
échange (m) 交流
grandir (v.I) 成長する
vibrer (v.i) 振動する
couleur (f)
lien (m) つながり、絆
se tisser (関係などが)結ばれる
au fur et à mesure 〜につれてしだいに
allemand ドイツ人
permettre de 〜を可能にする
époque (f) 時代
frontière (f) 国境
influence (f) 影響

 
  • 初心者も安心なフランス語教室
  • どんどん話せるフランス語
  • メールマガジン
  • オンライン通信講座
  • フランス語通訳・翻訳
  • 当サイトの音声付のコンテンツは下記のPCブラウザ及びスマートフォン・タブレット端末に対応してます。
    予めネット環境を設定の上、ご利用下さい。
    • 対応のPCブラウザ
    Safari、Google Chrome、FireFox、IE9以上(IE8以下は音声に非対応)
    • 対応のスマートフォンやタブレット端末
    iPhone,iPad, iPad mini などiOS、Android
  • 尚、一部非対応のコンテンツもございますので予めご了承ください。
©2016 Copyright France-jp.net. All rights reserved.