フランス映画情報

フランス映画 Les Amours d'Astrée et de Céladon / 我が至上の愛 アストレとセラドン

(C) Rezo Productions / C.E.R.

Distribution / 配給 アルシネテラン
2009年1月17日、銀座テアトルシネマ他全国順次公開。
http://www.alcine-terran.com/wagaai/

巨匠エリック・ロメールが贈る、5世紀フランスの純愛物語

Synopsis / シノプシス

ローマ時代。純粋な愛を育んでいた羊飼いのアストレとセラドン。しかしアストレは、セラドンが浮気をしたと疑い、「私の前にもう二度と現れないで欲しい」と拒絶する。絶望したセラドンは入水自殺を図るが、ニンフ(精霊)に助けられ、死を逃れていた。その端麗なる容姿からマダムに気に入られ、村へ戻ることを許されないセラドン。彼を兄のように慕うレオニードの計らいでマダムの城から脱出するが、アストレの「二度と現れないで欲しい」という言葉を忠実に守り、彼は村に戻らずに森で暮らし始める。そんなセラドンを不憫に思ったレオニードとドルイド僧が、アストレに会う機会を与えようとするが…。

フランス映画界の巨匠エリック・ロメール監督が、17世紀文学サロン、特にパリの貴婦人たちの間で大流行した小説「アストレ」を、原作に忠実に映画化した、誤解とすれ違いで翻弄される羊飼いの恋人たちの純愛を描いた作品です。

Réalisation / 監督
・Eric Rohmer / エリック・ロメール

Interprètes / 出演
・Andy Gillet / アンディー・ジレ
・Stéphanie de Crayencour / ステファニー・クレイヤンクール
・Cécile Cassel / セシル・カッセル
・Jocelyn Quivrin / ジョスラン・キヴラン

Durée / 109分
2007年フランス、イタリア、スペイン映画

クリック 映画『我が至上の愛 アストレとセラドン』紹介
 
  • 初心者も安心なフランス語教室
  • どんどん話せるフランス語
  • メールマガジン
  • オンライン通信講座
  • フランス語通訳・翻訳
  • 当サイトの音声付のコンテンツは下記のPCブラウザ及びスマートフォン・タブレット端末に対応してます。
    予めネット環境を設定の上、ご利用下さい。
    • 対応のPCブラウザ
    Safari、Google Chrome、FireFox、IE9以上(IE8以下は音声に非対応)
    • 対応のスマートフォンやタブレット端末
    iPhone,iPad, iPad mini などiOS、Android
  • 尚、一部非対応のコンテンツもございますので予めご了承ください。
©2016 Copyright France-jp.net. All rights reserved.