フランス映画情報

フランス映画『ニューヨークの巴里夫(パリジャン)』

ニューヨークの巴里夫(パリジャン)
フランス映画情報フランスネット フランス映画情報フランスネット フランス映画情報フランスネット
©2013 Ce Qui Me Meut Motion Picture - CN2 Productions - STUDIOCANAL - RTBF - France 2 Cinéma

 

Titre français (仏題) Casse-tête chinois
Réalisé par (監督)セドリック・クラピッシュ
Avec (出演)ロマン・デュリス、オドレイ・トトゥ、セシル・ドゥ・フランス、ケリー・ライリー他
Durée(上演時間) 117分
Distributeur(配給) 彩プロ
Année de production (製作年): 2013年 フランス・アメリカ・ベルギー映画
Date de sortie(公開日) 2014年12月6日(土)
Salle de cinéma(映画館): Bunkamura ル・シネマほか全国順次ロードショー
Site officiel(公式サイト): http://www.nyparisian.ayapro.ne.jp/

Synopsis

パリの大学生グザヴィエのバルセロナ留学時代をビビッドに綴った『スパニッシュ・アパートメント』(01)、社会人となったものの足元が定まらない彼の恋愛・人生模様を描いた『ロシアン・ドールズ』(05)。あれから10年、40歳になったグザヴィエは、妻ウェンディと2人の子供とパリに暮らし、小説家としてもまずまずの成功を収めていた。人生順風満帆……だったはずが、ニューヨークから出張から戻ったウェンディに、向こうで好きな人ができたと別居を言い渡され、ウェンディは2人の子供をつれてニューヨークへ行ってしまう。ところが"制服のあるセレブ校"に子供たちを通わせると聞いた彼は大激怒。ニューヨークでレズビアンの恋人と暮らす友人イザベルを頼って渡米する。小説のネタ探しも頭をかすめつつ、子供たちと一緒に過ごすため、自分もニューヨークでしばらく暮らすことを決意する。だが、活気あふれる混沌のチャイナタウンにアパートを借りることになった人生は、生活のために偽装結婚をしたり、イザベルの浮気に関わったりと、益々複雑になるばかり。そこへかつての恋人マルティーヌがニューヨークへ出張にやってきて…。

 


 
  • 初心者も安心なフランス語教室
  • どんどん話せるフランス語
  • メールマガジン
  • オンライン通信講座
  • フランス語通訳・翻訳
  • 当サイトの音声付のコンテンツは下記のPCブラウザ及びスマートフォン・タブレット端末に対応してます。
    予めネット環境を設定の上、ご利用下さい。
    • 対応のPCブラウザ
    Safari、Google Chrome、FireFox、IE9以上(IE8以下は音声に非対応)
    • 対応のスマートフォンやタブレット端末
    iPhone,iPad, iPad mini などiOS、Android
  • 尚、一部非対応のコンテンツもございますので予めご了承ください。
©2017 Copyright France-jp.net. All rights reserved.