フランス映画情報

フランス映画『チャップリンからの贈りもの』

チャップリンからの贈りもの
フランス映画情報フランスネット フランス映画情報フランスネット フランス映画情報フランスネット フランス映画情報フランスネット フランス映画情報フランスネット フランス映画情報フランスネット
© Marie-Julie Maille / Why Not Productions

 

Titre français (仏題) La Rançon de la gloire
Réalisé par (監督)グザヴィエ・ボーヴォワ
Avec (出演)ブノワ・ボールヴールド、ロシュディ・ゼム、キアラ・マストロヤンニ他
Durée(上演時間) 115分
Distributeur(配給) ギャガ
Année de production (製作年): 2014年 フランス映画
Date de sortie(公開日) 2015年7月18日(土)
Salle de cinéma(映画館): YEBISU GARDEN CINEMA他全国順次ロードショー
Site officiel(公式サイト): http://chaplin.gaga.ne.jp/

Synopsis

1977年12月25日。世界の喜劇王チャールズ・チャップリン死去。
スイス・レマン湖畔の小さな町ヴヴェイ。刑務所を出所したエディを友人のオスマンが迎えた。真面目に働くオスマンだが、エディ同様、移民のため生活は貧しい。しかも妻が入院したばかりだった。それでもエディが住むためのバラックを用意していた。エディはその代わりにオスマンの娘サミラの世話を引き受ける。サミラの夢は獣医になることだが、今の暮らしでは儚い夢だ。エディはそんなサミラを楽しませようと外へ連れ出す。サミラもひょうきん者のエディになついた。季節はクリスマス。エディはオスマン一家へのプレゼントにどこからか古いテレビを調達してきた。画面に映ったのは同じ町に住んでいたチャップリン死亡のニュース。その莫大な遺産と、貧しい移民の放浪者を演じるチャップリンの姿が何度も報じられるうちに、エディはとんでもないアイデアを思いつく。「チャップリンは俺たちの“友だち”だ。そうだ! “友だち”から金を借りよう」。
チャップリンの遺族が家族役として出演。邸宅や墓地もロケ地提供。

 


 
  • 初心者も安心なフランス語教室
  • どんどん話せるフランス語
  • メールマガジン
  • オンライン通信講座
  • フランス語通訳・翻訳
  • 当サイトの音声付のコンテンツは下記のPCブラウザ及びスマートフォン・タブレット端末に対応してます。
    予めネット環境を設定の上、ご利用下さい。
    • 対応のPCブラウザ
    Safari、Google Chrome、FireFox、IE9以上(IE8以下は音声に非対応)
    • 対応のスマートフォンやタブレット端末
    iPhone,iPad, iPad mini などiOS、Android
  • 尚、一部非対応のコンテンツもございますので予めご了承ください。
©2016 Copyright France-jp.net. All rights reserved.