フランス映画情報

マリオン・コティヤール、6年ぶりの来日!!

マリオン・コティヤール、6年ぶりの来日!!
フランス映画情報フランスネット フランス映画情報フランスネット フランス映画情報フランスネット フランス映画情報フランスネット

© france-jp.net

フランス映画『君と歩く世界』のジャパンプレミアが2013年3月26日に行われ、主演の
仏オスカー女優、マリオン・コティヤールが、6年ぶりにジャック・オーディアール監督と共に来日しました。

マリオン・コティヤールは、映画『エディット・ピアフ〜愛の讃歌〜』(07)でフランス人女優として史上2人目、49年ぶりにアカデミー賞主演女優賞を受賞。本作では、両脚を失った女性という難役中の難役に挑みました。
『君と歩く世界』のメガホンをとったのは、『真夜中のピアニスト』(05)、『預言者』(09)のフランスの名匠ジャック・オーディアール監督。
特別ゲストとしてマリオン・コティヤールと同じ年齢、37歳の中谷美紀が花束を持って登壇しました。中谷美樹がコティヤールの演技に感動し、2人はハグを交わすシーンもありました。

6年ぶりに来日したマリオン・コティヤールは「桜の満開の時に来日でき大変嬉しく思います。ただ毎回、滞在時間が短く残念です。是非、また来日したいです。」と挨拶。

また、オディアール監督は本作のキャスティングについて「以前から、マリオンといつかは一緒に仕事をしたいと思ってました。ステファニーの役を、ほかの女優が演じるなんて考えられませんでした。彼女の家に出向いて直接プロボーズしました。」と語り、ステファニーが両脚を失った映像については「今はCG合成で容易に脚がないシーンを演出できます。もちろんマリオンが脚の切断をOKしてくれていたらもっと簡単だったよ!(笑)」とジョークも交えたトークで会場を盛り上げました。

フランス映画『君と歩く世界』は4月6日(土)より全国にて公開です。

 


 

 

 
  • 初心者も安心なフランス語教室
  • どんどん話せるフランス語
  • メールマガジン
  • オンライン通信講座
  • フランス語通訳・翻訳
  • 当サイトの音声付のコンテンツは下記のPCブラウザ及びスマートフォン・タブレット端末に対応してます。
    予めネット環境を設定の上、ご利用下さい。
    • 対応のPCブラウザ
    Safari、Google Chrome、FireFox、IE9以上(IE8以下は音声に非対応)
    • 対応のスマートフォンやタブレット端末
    iPhone,iPad, iPad mini などiOS、Android
  • 尚、一部非対応のコンテンツもございますので予めご了承ください。
©2017 Copyright France-jp.net. All rights reserved.