フランス映画情報

フランス映画祭2015 開幕! オープニングセレモニー

フランス映画祭2015 オープニングセレモニー
フランス映画情報フランスネット フランス映画情報フランスネット フランス映画情報フランスネット フランス映画情報フランスネット フランス映画情報フランスネット

©france-jp.net

フランス映画祭2015が6月26日(金)に開幕し、オープニングセレモニーがメイン会場である東京・有楽町朝日ホールで開催されました。

オープニングセレモニーには、団長のエマニュエル・ドゥヴォスをはじめ、オープニング作品『エール!』の主演ルアンヌ・エメラとエリック・ラルティコ監督や『彼は秘密の女ともだち』主演アナイス・ドゥムースティエ、『EDEN エデン』のフェリックス・ド・ジヴリ、『チャップリンからの贈りもの』のグザヴィエ・ボーヴォワ監督、『ボヴァリー夫人とパン屋』アンヌ・フォンテーヌ監督、『アクトレス〜女たちの舞台〜』オリヴィエ・アサイヤス監督など、総勢12名のゲストが登壇しました。

はじめに、主催のユニフランス・フィルムズ代表イザベル・ジョルダーノから、開会のご挨拶があり「フランス映画をいつも応援してくださる日本のみな様、ありがとうございます。今夜は映画の祭典で、フランスの偉大な監督・俳優を迎えることができ、まるでカンヌ映画祭が続いているようです。」と語った。

その後「日本のみなさんへのお土産を持ってきました」と、フランス人監督フィリップ・ラブロが1964年にユニフランス・フィルムズのプロモーション・ビデオとして撮影した短編『4XD』の一部をサプライズ上映。

若かりし日のカトリーヌ・ドヌーヴがスクリーンに映し出された。

つづいて、団長のエマニュエル・ドゥヴォスが舞台に登場。

まずは日本語で「コンバンワ。東京に来られてうれしいです。仕事で来るだけでは、ちょっと残念。東京をたっぷり楽しもうと思います。」と挨拶をはじめ、「後はフランス語で続けさせて頂きます。来日でき大変光栄に思います。日本で開催されるこのフランス映画祭は、監督や役者さんが競って来たがる映画祭のひとつです。」と話した。

フランス映画祭2015は、6月29日(月)まで、有楽町朝日ホール、TOHOシネマズ日劇で開催されます。


 

 

 
  • 初心者も安心なフランス語教室
  • どんどん話せるフランス語
  • メールマガジン
  • オンライン通信講座
  • フランス語通訳・翻訳
  • 当サイトの音声付のコンテンツは下記のPCブラウザ及びスマートフォン・タブレット端末に対応してます。
    予めネット環境を設定の上、ご利用下さい。
    • 対応のPCブラウザ
    Safari、Google Chrome、FireFox、IE9以上(IE8以下は音声に非対応)
    • 対応のスマートフォンやタブレット端末
    iPhone,iPad, iPad mini などiOS、Android
  • 尚、一部非対応のコンテンツもございますので予めご了承ください。
©2017 Copyright France-jp.net. All rights reserved.