フランス映画情報

フランス映画祭2017 オープニングセレモニー

フランス映画祭2017 オープニングセレモニー
フランス映画情報フランスネット フランス映画情報フランスネット フランス映画情報フランスネット フランス映画情報フランスネット フランス映画情報フランスネット フランス映画情報フランスネット フランス映画情報フランスネット

仏大女優カトリーヌ・ドヌーヴを前に、北野武が時事ネタジョークを連発!

旬なフランス映画がいち早くみえる映画の祭典、フランス映画祭2017が6月22日(木)に開幕し、オープニングセレモニーが東京・TOHOシネマズ 日劇で開催されました。

25回目の節目を迎える今年はスペシャルゲストとして、フランスとゆかりの深い北野武監督が「フランス映画祭2017 親善大使」を務め、オープニングセレモニーには、団長のカトリーヌ・ドヌーヴをはじめ、話題作『ELLE エル』主演女優 イザベル・ユペール、オープニング作品『ルージュの手紙』マルタン・プロヴォ監督、今フランスで注目の『夜明けの祈り』出演女優 ルー・ドゥ・ラージュ、本作監督のアンヌ・フォンテーヌ、『セザンヌと過ごした時間』ダニエル・トンプソン監督など総勢11名のゲストが登壇しました。

最初に本年度団長のカトリーヌ・ドヌーヴの出演作をまとめたトリビュート映像が上映。そして、『シェルブールの雨傘』のメロディーが流れ拍手喝采を浴び、カトリーヌ・ドヌーヴが登壇し、「私は25回目のフランス映画祭の団長を務めることができ大変嬉しく思い、感動しています。今年は11作品のうち、4作品が女性監督の作品です。 それは重みのある新しい試みで、私はこの選択に賛同します。」と語った。

また、本映画祭の親善大使である北野武監督も駆けつけ、「どうも遅れてすみません、安倍晋三です。加計学園の問題で、ちょっとお金をもらったという話があったんで、絶対もらってないと逃げてきたんです。会場を間違いまして豊洲に行ってしまいましたが、そこでベンゼンが出たということなので築地に移動したのですが、ここもまた違って、やっとたどり着きました。」と時事ネタを連発し観客を爆笑させた。さすがにフランス人ゲストには、この日本時事ジョークはよく理解できずついていけない様子だった。

北野監督はひと通りボケた後、「僕にとってのフランス映画はジャン・ギャバンに始まり、セルジュ・ゲンズブールとジェーン・バーキンの『ガラスの墓標』、イザベル・ユペールの作品、大女優のカトリーヌ・ドヌーヴの『昼顔』や『シェルブールの雨傘』などに非常に影響を受けています。最近の映画事情をみていると、親子で楽しめる映画もいいけど、映画は見た後に、恋人や友達同士で語り合って、お互いの教養や見方を深める役目があると思います。フランス映画はそれが一番語りやすく、難しい映画です。今日、大女優と大監督がそろって25回を迎えたことは、本当におめでたいこと。私もこの場で挨拶させてもらうことは光栄です。」と祝辞を述べた。

フランス映画祭2017は、6月22日(木)~ 25日(日)まで、有楽町朝日ホール、TOHOシネマズ日劇で開催されます。

 

 

 


 
  • 初心者も安心なフランス語教室
  • どんどん話せるフランス語
  • メールマガジン
  • オンライン通信講座
  • フランス語通訳・翻訳
  • 当サイトの音声付のコンテンツは下記のPCブラウザ及びスマートフォン・タブレット端末に対応してます。
    予めネット環境を設定の上、ご利用下さい。
    • 対応のPCブラウザ
    Safari、Google Chrome、FireFox、IE9以上(IE8以下は音声に非対応)
    • 対応のスマートフォンやタブレット端末
    iPhone,iPad, iPad mini などiOS、Android
  • 尚、一部非対応のコンテンツもございますので予めご了承ください。
©2017 Copyright France-jp.net. All rights reserved.