フランス映画情報

世界音楽の巨匠、『アラビアのローレンス』のモーリス・ジャール氏が15年ぶりに来日!

『アラビアのロレンス 』(62)を始め、デイヴィッド・リーン監督の映画『ドクトル・ジバゴ』(65)『インドへの道』(84)で3回、アカデミー賞作曲賞に輝いたモーリス・ジャール(Maurice Jarre)が15年ぶりに来日し、11月12日に記者会見が行われました。
84歳のジャール氏は登壇すると「みなさん、こんにちわ」と日本語でにこやかに挨拶。『アラビアのロレンス(仏タイトル = Lawrence d'Arabie)』の思い出を語りだすととまらず、名作誕生の秘話を教えてくれました。映画『シベールの日曜日』でも共に仕事した本作のプロデューサーのサム・スピーゲルから「2時間程度の音楽を、6週間で作って欲しいと依頼され、締切まであまり時間がなかったのですが、眠るのが大好きな私は徹夜はせず、5時間働き、20分寝て、また5時間仕事をして、20分寝るというペースで6週間仕事を続け、『アラビアのロレンス』の音楽を完成させました。」
また「デイヴィッド・リーンという監督がいなければ、私はこの場にいなかった。」と監督への感謝の思いを述べました。

今回、ジャール氏は11月21日から24日に開催される第15回大阪ヨーロッパ映画祭の名誉審査委員長として来日。デイヴィッド・リーン監督の生誕100年を記念し、『アラビアのロレンス』のニュープリント版が同映画祭でお披露目されます。
また、12月下旬には東京・新宿テアトルタイムズスクエアにて公開です!

第15回大阪ヨーロッパ映画祭公式サイト
http://www.oeff.jp/

映画『アラビアのロレンス/完全版』公式サイト
http://www.lawrenceofarabia.jp/

■12月下旬、新宿テアトルタイムズスクエアにてロードショー
■デヴィッド・リーン生誕100周年・コロンビア映画創立85周年アニバーサリー上映
■11/21(金)、第15回・大阪ヨーロッパ映画祭にて上映

 

 

 
  • 初心者も安心なフランス語教室
  • どんどん話せるフランス語
  • メールマガジン
  • オンライン通信講座
  • フランス語通訳・翻訳
  • 当サイトの音声付のコンテンツは下記のPCブラウザ及びスマートフォン・タブレット端末に対応してます。
    予めネット環境を設定の上、ご利用下さい。
    • 対応のPCブラウザ
    Safari、Google Chrome、FireFox、IE9以上(IE8以下は音声に非対応)
    • 対応のスマートフォンやタブレット端末
    iPhone,iPad, iPad mini などiOS、Android
  • 尚、一部非対応のコンテンツもございますので予めご了承ください。
©2017 Copyright France-jp.net. All rights reserved.