上へもどる

フランス映画情報

フランス映画祭 2013
Festival du film Français au Japon 2013


 

フランス映画祭2013の最新情報です。

2013年度のフランス映画祭2013は、団長制度が復活し、フランスの名優、ナタリー・バイを迎え、6月21日(金)~24日(月)まで有楽町朝日ホール・TOHOシネマズ日劇で開催されます。

フランス映画祭は、最新フランス映画がいち早くみられ、今旬のフランス俳優や監督と出会える、映画ファンやフランス語学習者にとっては見逃せない毎年恒例の仏映画の祭典で、1993年からスタートし今年で21回目を迎えます。

2013年度フランス映画祭のオープニングを飾るのは、フランソワ・オゾン監督の最新作『Dans la maison (In the house/英題)』です。
今年のラインナップは、団長ナタリー・バイ、メルヴィル・プポー出演の『わたしはロランス』をはじめ、『Paris』のロマン・デュリス主演『Populaire(原題)』や『8人の女』『スイミングプール』 のリュディヴィーヌ・サニエ主演のラブコメディ『恋のときめき乱気流』、巨匠ラウル・ルイス監督最後のプロジェクト『ウェリントン将軍~ナポレオンを倒した男~(仮題)』また初めてのクラシック上映作品として、ジャック・ドゥミ監督の長編デビュー作『Lola (ローラ)』のデジタル修復完全版など、全14プログラムが上映されます。

映画祭目玉の来日ゲストは、団長のナタリー・バイをはじめ、フランソワ・オゾン、リュディビーヌ・サニエ、ジャック・ドワイヨン、ルー・ドワイヨン、デボラ・フランソワなど現段階で14人のアーティストの来日が予定されてます。舞台挨拶やサイン会も予定されてます。

日程:2013年6月21日(金)~24日(月)
東京会場:有楽町朝日ホール、TOHOシネマズ 日劇(レイトショーのみ)
主催:ユニフランス・フィルムズ

公式サイト:http://unifrance.jp/festival/2013/

 

 


フランス映画祭2013 上映作品&来日ゲスト

2013年度フランス映画祭のオープニング作品は、フランソワ・オゾン監督の最新作『Dans la maison (In the house/英題)』。第37回トロント国際映画祭で国際映画批評家連盟賞を受賞したフランソワ・オゾン監督のスリリングな最新作です。もちろん、今年の団長、ナタリー・バイ出演の『わたしはロランス』も見逃せません。
そのほか、ロマン・デュリス主演『Populaire(原題)』、リュディヴィーヌ・サニエ主演の『恋のときめき乱気流』、オドレイ・トトゥ主演の『テレーズ・デスケルウ』、世界最高峰のオペラ歌手ナタリー・デセイ「椿姫」のドキュメンタリー作品、ラウル・ルイス監督最後のプロジェクト『ウェリントン将軍~ナポレオンを倒した男~(仮題)』、ジャック・ドゥミ監督の『Lola (ローラ)』デジタル修復完全版など、全14プログラムが上映されます。

※来日ゲストやトークショーのスケジュールはキャンセルや変更となる場合がありますので、フランス映画祭公式サイトでご確認下さい。

(来日予定ゲストはオレンジ)

『In the House (英題)』Dans la maison


© 2012 Mandarin Cinéma - Mars Films - France 2 Cinéma - Foz

上映日:6月21日(金)17:40 (オープニング作品)
個人授業は、いつしか息詰まる心理戦に変わる――。
フランソワ・オゾン監督史上、最高傑作、ついに日本解禁。

監督:フランソワ・オゾン
出演:ファブリス・ルキーニ、クリスティン・スコット・トーマス、エマニュエル・セニエ、ドゥニ・メノーシェ、エルンスト・ウンハウワー、バスティアン・ウゲット

2013年 フランス映画 105分 / 配給: キノフィルムズ / 2013年秋 ヒューマントラストシネマ有楽町、Bunkamura ル・シネマ他 全国順次公開

 

『わたしはロランス』Laurence Anyways

上映日:6月22日(土)14:00
彼は、女になりたかった。彼は、彼女を愛したかった。
弱冠23歳のグザヴィエ・ドラン監督が描く"スペシャル"な、愛の物語。

監督:グザヴィエ・ドラン
出演:メルヴィル・プポー、スザンヌ・クレマン、ナタリー・バイ
2012年 カナダ・フランス映画 168分 / 配給: アップリンク / 2013年秋、新宿シネマカリテ他全国順次公開

 

『タイピスト』Populaire


© 2012 - copyright Les Productions du Trésor - France 3 Cinéma - France 2 Cinéma - Mars Films - Wild Bunch - Panache Productions - La Cie Cinématographique - RTBF (Télévision belge)© Photos - Jaïr Sfez

上映日:6月24日(月)17:30
"ローズの夢は、パリ、ニューヨーク、そして世界をつかむことー。"
50年代フランスを舞台に、タイプライター世界大会に全てをかけるヒロインを描く、カラフルなサクセス・エンターテインメント!

監督:レジス・ロワンサル
出演:ロマン・デュリス、デボラ・フランソワ、ベレニス・ベジョ
2013年 フランス映画 111分 / 配給: ギャガ / 2013年8月、ヒューマントラストシネマ有楽町他全国順次公開

 

『ウェリントン将軍~ナポレオンを倒した男~(仮題)』Linhas de Wellington

上映日:6月23日(日)14:00
世界の巨匠ラウル・ルイス監督最後のプロジェクト。
超豪華キャストで贈る美しき"戦争絵巻"。

監督:バレリア・サルミエント
出演:ジョン・マルコヴィッチ、マチュー・アマルリック、カトリーヌ・ドヌーヴ、ミシェル・ピコリ、イザベル・ユペール、キアラ・マストロヤンニ、メルヴィル・プポー
2012年 フランス・ポルトガル映画 152分 / 配給: アルシネテラン / 2014年、シネスイッチ銀座他全国順次公開

『母の身終い』Quelques heures de printemps


© TS Productions - Arte France Cinema - F comme Films - 2012

上映日:6月24日(月)14:30
不治の病に自分の最後の日を決めようとする母親と出所したばかりの一人息子。
永遠の別れに直面した母と息子の絆を静かな眼差しで描いた感動ドラマ。

監督:ステファヌ・ブリゼ
出演:ヴァンサン・ランドン、エレーヌ・ヴァンサン、エマニュエル・セニエ

2012年 フランス映画 108分 / 配給: ドマ・ミモザフィルムズ / 2013年秋シネスイッチ銀座他全国順次公開

『黒いスーツを着た男』Trois mondes


©2012 - Pyramide Productions - France 3 Cinéma

上映日:6月23日(日)21:15
本年度パトリック・ドベール賞受賞、新星ラファエル・ペルソナ主演作日本初上陸。
犯すつもりのなかった罪を背負った美しき犯罪者と二人の女の運命を描く本格派サスペンス。

監督:カトリーヌ・コルシニ
出演:ラファエル・ペルソナ、クロチルド・エスム、アルタ・ドブロシ、レダ・カデブ
2013年 フランス・モルドヴァ映画 101分 / 配給: セテラ・インターナショナル / 2013年8月31日よりヒューマントラストシネマ渋谷他全国順次公開

 

『椿姫ができるまで』Traviata et nous


© LFP - Les films Pelléas, Jouror Développement, Acte II visa d'exploitation n°129 426 - dépôt légal 2012

上映日:6月24日(月)11:00
名作は舞台の度に生まれ変わる。
世界最高峰のオペラ歌手ナタリー・デセイの創り上げる「椿姫」の世界

監督:フィリップ・ベジア
出演:ナタリー・デセイ、ジャン=フランソワ・シヴァディエ、ルイ・ラングレ
2013年 フランス映画 112分 / 配給: 熱帯美術館 / 2013年秋、シアターイメージフォーラム他 全国順次公開

『遭難者(仮)/女っ気なし(仮)』Le Naufragé / Un monde sans femmes


© Année Zéro - Kazak Productions
© Année Zéro - Nonon Films - Emmanuelle Michaka

上映日:6月21日(金)21:15
シルヴァンを巡る2つの物語。フランスで注目される若手、ギヨーム・ブラック監督のデビュー作。
フランスでロングランとなり、エリック・ロメールやジャック・ロジェを引き合いに出され高い評価を得た。新人ギヨーム・ブラック監督初の劇場公開作。

監督:ギヨーム・ブラック
『遭難者』(仮)出演:ジュリアン・リュカ、アデライード・ルルー、ヴァンサン・マケーニュ
2009年 フランス映画 25分
『女っ気なし』(仮)出演:ヴァンサン・マケーニュ、ロール・カラミー、コンスタンス・ルソー
2011年 フランス映画 58分
配給: エタンチェ / 2013年秋、ユーロスペース他公開予定

『アナタの子供』Un enfant de toi


©Soazig Petit-les films Pelléas

上映日:6月23日(日)17:50
―情熱は戦争よ、でもいつも闘っているわけじゃないわ。
ジャック・ドワイヨン監督が愛娘ルーと共に作り上げた愛すべきラブコメディ

監督:ジャック・ドワイヨン
出演:ルー・ドワイヨン、サミュエル・ベンシェトリ、マリック・ジディ、オルガ・ミシュタン
2012年 フランス映画 136分

『恋のときめき乱気流』Amour & turbulences


上映日:6月24日(月)21:15
忘れたい男と偶然、飛行機で隣り合わせになってしまったら!?
『スイミングプール』で注目を浴びたリュディヴィーヌ・サニエ主演のラブコメディ。

監督:アレクサンドル・カスタネッティ
出演:リュディヴィーヌ・サニエ、ニコラ・ブドス、ジョナタン・コーエン、アルノー・デュクレ
2012年 フランス映画 96分

『テレーズ・デスケルウ』Thérèse Desqueyroux


Eddy Brière © Les Films du 24 - UGC Distribution - 2011

上映日:6月22日(土)21:15
自由を模索する女の運命―
『アメリ』から10年、オドレイ・トトゥがひとりの女性のダークサイドを熱演。

監督:クロード・ミレール
出演:オドレイ・トトゥ、ジル・ルルーシュ、アナイス・ドゥムスティエ
2011年 フランス映画 110分

『森に生きる少年 ~カラスの日~』Le Jour des Corneilles


上映日:6月23日(日)11:00
森の奥深く、父との孤独な暮らし。
そこから飛び出し、初めて触れる街の生活で、少年が探し求め、そして見つけたものとは―

監督:ジャン=クリストフ・デッサン
原作:ジャン=フランソワ・ボーシュマン
声の出演:ジャン・レノ、ローラン・ドゥーチェ、イザベル・カレ、クロード・シャブロル、シャンタル・ヌーヴィルト
2012年 フランス映画 90分

『ローラ』Lola


©2012 CinéTamaris-Fondation Groupama Gan-Fondation Technicolor

上映日:6月22日(土)18:30
『シェルブールの雨傘』の監督が描く、甘く切ない恋の物語。
新たに2012年に制作されたデジタル修復完全版でスクリーンに登場!

監督:ジャック・ドゥミ
出演:アヌーク・エーメ、マルク・ミシェル、ジャック・アルダン、アラン・スコット、エリナ・ラブールデット、アニー・デュペルー
1961年 フランス映画 85分 / 白黒・モノラル

フランス映画祭の歴史

フランス映画祭はユニフランスがフランス映画のフランス映画の普及・振興を目的とし、1993年から毎年開催してます。1993年から2005年までは毎年6月に横浜で、2006年から2010年までは3月に東京・六本木で開催されてました。その後、2011年からは会場を有楽町に移し、6月に行われてます。

フランス映画祭  団長

2012年:(団長なし、映画祭の顔として)ヴァレリー・ドンゼッリ、レア・フェネール
2011年 :リュック・ベッソン
2010年:ジェーン・バーキン
2009年:ジュリエット・ビノシュ
2008年:ソフィー・マルソー
2007年:カトリーヌ・ドヌーヴ
2006年:キャロル・ブーケ
2005年: コスタ=ガヴラス
2004年:エマニュエル・ベアール
2003年:ヴァンサン・ペレーズ
2002年:ジャンヌ・モロー
2001年:ナタリー・バイ
2000年:ジャン=ジャック・べネックス
1999年:クロード・ルルーシュ
1998年:サビーヌ・アゼマ
1997年:キャロル・ブーケ
1996年:イザベル・ユペール
1995年:シルヴィー・ヴァルタン
1994年:ソフィー・マルソー、リヌ・ルノー
1993年:ジャンヌ・モロー

 
  • 初心者も安心なフランス語教室
  • どんどん話せるフランス語
  • メールマガジン
  • オンライン通信講座
  • フランス語通訳・翻訳
  • 当サイトの音声付のコンテンツは下記のPCブラウザ及びスマートフォン・タブレット端末に対応してます。
    予めネット環境を設定の上、ご利用下さい。
    • 対応のPCブラウザ
    Safari、Google Chrome、FireFox、IE9以上(IE8以下は音声に非対応)
    • 対応のスマートフォンやタブレット端末
    iPhone,iPad, iPad mini などiOS、Android
  • 尚、一部非対応のコンテンツもございますので予めご了承ください。
©2016 Copyright France-jp.net. All rights reserved.