フランス映画情報

フランス映画祭2013 オープニングセレモニー

フランス映画祭2013  オープニングセレモニー
フランス映画情報フランスネット フランス映画情報フランスネット フランス映画情報フランスネット フランス映画情報フランスネット フランス映画情報フランスネット フランス映画情報フランスネット

© france-jp.net

団長ナタリー・バイ、フランソワ・オゾン監督など豪華ゲストが来日!

フランス映画祭2013が6月21日(金)に開幕し、オープニングセレモニーがメイン会場である東京・有楽町朝日ホールで開催されました。
フランス映画祭2013の団長を務める、フランスを代表する大女優のナタリー・バイをはじめ、オープニング作品『In the House(英題)』のフランソワ・オゾン監督やリュディビーヌ・サニエ、ジャック・ドワイヨン、ルー・ドワイヨン、デボラ・フランソワ、エレーヌ・ヴァンサン、ラファエル・ペルソナなど総勢18名のゲストとユニフランス会長のジャン=ポール・サロメ監督が出席しました。

まずは、ユニフランス会長のジャン=ポール・サロメ監督がより祝辞が述べられました。「今年もフランス映画祭を開催でき大変嬉しく思います。昨年は『最強のふたり』や『アーティスト』などフランス映画が、世界で大ヒットしました。テレビやスマートフォンやタブレットばかり見ず、映画館の大スクリーンで映画をお楽しみ下さい。」

続いて、団長であり、ゴダールやトリュフォーといったフランスを代表する名監督の作品に出演したナタリー・バイが挨拶しました。「東京で皆さまに10年ぶりにお会いでき大変感銘してます。2013年度フランス映画祭の上映作品を気に入って頂ければ幸いです。」

その後、オープニング作品『In the House(英題)』のフランソワ・オゾン監督とエルンスト・ウンハウワーの舞台挨拶が行われました。オゾン監督は「この映画は鑑賞前に種明かしをしないほうが楽しめる作品なので、まずはご覧下さい。」エルンスト・ウンハウワーは、「このような大舞台で皆さまに温かく迎えて頂きすごく幸せです。是非、また来日したいです!」とコメント。

フランス映画祭2013 オープニングセレモニー 登壇者名

ジャン=ポール・サロメ会長
団長ナタリー・バイ(『わたしはロランス』)
フランソワ・オゾン監督、エルンスト・ウンハウワー(『In the House(英題)』)
レジス・ロワンサル監督、デボラ・フランソワ(『Populaire (邦題『タイピスト!』)』
バレリア・サルミント(『ウェリントン将軍~ナポレオンを倒した男〜(仮)』
ステファヌ・ブリゼ監督、エレーヌ・ヴァンサン(『母の身終い』)
カトリーヌ・コルシニ監督、ラファエル・ペルソナ(『黒いスーツを着た男』)
フィリップ・ベジア監督、ジャン=フランソワ・シヴァディエ(『椿姫ができるまで』)
ギヨーム・ブラック監督(『遭難者(仮)/女っ気なし(仮)』)
ジャック・ドワイヨン監督、ルー・ドワイヨン(『アナタの子供』)
リュディヴィーヌ・サニエ(『恋のときめき乱気流』)
ジャン=クリストフ・デッサン監督(『森に生きる少年〜カラスの日〜』)
マチュー・イポー監督(短編作品集『からっぽの家』)

 


 

 

 
  • 初心者も安心なフランス語教室
  • どんどん話せるフランス語
  • メールマガジン
  • オンライン通信講座
  • フランス語通訳・翻訳
  • 当サイトの音声付のコンテンツは下記のPCブラウザ及びスマートフォン・タブレット端末に対応してます。
    予めネット環境を設定の上、ご利用下さい。
    • 対応のPCブラウザ
    Safari、Google Chrome、FireFox、IE9以上(IE8以下は音声に非対応)
    • 対応のスマートフォンやタブレット端末
    iPhone,iPad, iPad mini などiOS、Android
  • 尚、一部非対応のコンテンツもございますので予めご了承ください。
©2017 Copyright France-jp.net. All rights reserved.