フランス映画情報

フランス映画『カレ・ブラン』

カレ・ブラン
フランス映画情報フランスネット フランス映画情報フランスネット フランス映画情報フランスネット
© Solair films-Tarantula-CJSC CTC Network-Tous droits

 

Titre français (仏題) Carré blanc
Réalisé par (監督)ジャン=バティスト・レオネッティ
Avec (出演)サミ・ブアジラ、ジュリー・ガイエ、ジャン=ピエール・アンドレアーニ、カルロス・リール他
Durée(上演時間) 80分
Distributeur(配給) キングレコード+ビーズ・インターナショナル
Année de production (製作年): 2011年フランス映画
Date de sortie(公開日) 2013年3月下旬
Salle de cinéma(映画館): シアター・イメージフォーラムにてロードショー
Site officiel(公式サイト): http://www.carreblanc-jp.com/

Synopsis

弱者が生きる余地なき社会。母親が自殺したフィリップは、孤児だけが集められた教室で同じ年頃のマリーと出会い、共に思想教育を受ける。成人した2人はやがて夫婦となリ、フィリップは、「家畜」たちに理不尽な能力テストを強いる、組織のエグゼクティヴ「社畜」として何不自由ない生活を送っていた。しかし通い合っていたはずの2人の心はいつしか冷え切り、結婚生活は破綻しかけていた。そして夫婦関係の修復を願うフィリップの脳裏に、はるか昔、母親から聞かされた野生の白熊親子の残酷譚がよぎった…。
ジャン=バティスト・レオネッティ監督が、〈社畜〉と〈家畜〉の「すばらしい新世界」を映す、非情と絶望の近未来ディストピアSF映画。
フランス語で『カレ・ブラン(carré blanc)』とは、白い四角形の意。7つの正方形を人型に組み合わせたロゴが貼られた食品は、人肉加工食品を意味する。

 

 


 
  • 初心者も安心なフランス語教室
  • どんどん話せるフランス語
  • メールマガジン
  • オンライン通信講座
  • フランス語通訳・翻訳
  • 当サイトの音声付のコンテンツは下記のPCブラウザ及びスマートフォン・タブレット端末に対応してます。
    予めネット環境を設定の上、ご利用下さい。
    • 対応のPCブラウザ
    Safari、Google Chrome、FireFox、IE9以上(IE8以下は音声に非対応)
    • 対応のスマートフォンやタブレット端末
    iPhone,iPad, iPad mini などiOS、Android
  • 尚、一部非対応のコンテンツもございますので予めご了承ください。
©2017 Copyright France-jp.net. All rights reserved.