フランス映画情報

フランス映画『アデル、ブルーは熱い色』

アデル、ブルーは熱い色
フランス映画情報フランスネット フランス映画情報フランスネット フランス映画情報フランスネット
©2013- WILD BUNCH - QUAT'S SOUS FILMS – FRANCE 2 CINEMA – SCOPE PICTURES – RTBF (Télévision belge) - VERTIGO FILMS

 

Titre français (仏題) La vie d'Adèle - Chapitres 1 et 2
Réalisé par (監督)アブデラティフ・ケシシュ
Avec (出演)レア・セドゥ、アデル・エグザルコプロス、サリム・ケシゥシュ、モナ・ヴァルルラヴェン、ジェレミー・ラユルト他
Durée(上演時間) 179分
Distributeur(配給) コムストック・グループ
Année de production (製作年): 2013年フランス映画
Date de sortie(公開日) 2014年4月5日
Salle de cinéma(映画館):新宿バルト9、Bunkamuraル・シネマ、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国ロードショー
Site officiel(公式サイト): http://adele-blue.com/

Synopsis

15歳の女子高生アデルは、ある日、彼氏とのデートに向かう途中、青い髪の女性とすれ違い、世界が一瞬止まったかのように心を奪われる。夢にまで出てきた青い髪の美大生、エマとバーで再会したアデルは、彼女の感受性の強さ・知性に魅了され、一途にのめりこんでいく。数年後、念願の教師になったアデルは、自分をモデルに絵を描く、画家のエマと共に暮らし、幸せな日々を送っていた。しかし、エマの作品披露パーティ後、彼女の心は他の女性へと動きはじめ、ふたりの関係はぎくしゃくしていく…。
2013年カンヌ国際映画祭でスティーブン・スピルバーグが絶賛し、満場一致で最高賞のパルムドールを受賞。フランスの人気コミック「Le bleu est une couleur chaude」を原作に、 フランスの若き巨匠、アブデラティフ・ケシシュ監督が究極な愛を描いた作品。大胆なラブシーンは、絵画のように肉感的で美しいと大喝采を浴び、主演女優ふたりに史上初のパルムドールをもたらした。


 
  • 初心者も安心なフランス語教室
  • どんどん話せるフランス語
  • メールマガジン
  • オンライン通信講座
  • フランス語通訳・翻訳
  • 当サイトの音声付のコンテンツは下記のPCブラウザ及びスマートフォン・タブレット端末に対応してます。
    予めネット環境を設定の上、ご利用下さい。
    • 対応のPCブラウザ
    Safari、Google Chrome、FireFox、IE9以上(IE8以下は音声に非対応)
    • 対応のスマートフォンやタブレット端末
    iPhone,iPad, iPad mini などiOS、Android
  • 尚、一部非対応のコンテンツもございますので予めご了承ください。
©2016 Copyright France-jp.net. All rights reserved.