フランス映画情報

フランス映画祭2016 オープニングセレモニー

フランス映画祭2016 オープニングセレモニー
フランス映画情報フランスネット フランス映画情報フランスネット フランス映画情報フランスネット フランス映画情報フランスネット フランス映画情報フランスネット フランス映画情報フランスネット フランス映画情報フランスネット フランス映画情報フランスネット フランス映画情報フランスネット

フランス映画祭2016 オープニングセレモニーに浅野忠信が登壇
「僕はイザベル・ユペールの大ファンで、是非、いつか共演したいです!」

フランス映画祭2016が6月24日(金)に開幕し、オープニングセレモニーがメイン会場である東京・有楽町朝日ホールで開催されました。

オープニングセレモニーには、10年ぶりの来日となる団長のイザベル・ユペールをはじめ、オープニング作品『太陽のめざめ』の主演男優ロッド・パラドくんや2016年カンヌ国際映画祭の司会を努めた 『ミモザの島に消えた母』の主演男優、ローラン・ラフィット、『The Final Lesson(仮題)』主演女優、マルト・ヴィラロンガ、『モン・ロワ(原題)』監督のマイウェンなど、総勢16名のゲストが登壇しました。

今年の映画祭はメイン来日ゲストだったオマール・シーの直前のキャンセルもあり、ちょっと寂しさを感じる中、スペシャルゲストとして、本年度カンヌ国際映画祭<ある視点>部門審査員賞に輝いた 『淵に立つ』主演の浅野忠信と深田晃司監督、さらに同映画祭に最新作『海よりもまだ深く』が正式出品された是枝裕和監督が応援に駆けつけオープニングを盛り上げました。  

冒頭に本年度団長のイザベル・ユペールのダイジェストムービーが上映され、拍手喝采の中、イザベル・ユペールが舞台に登場。まずは日本語で挨拶:「こんばんは。わたし、とても、幸せです。」
そしてフランス語で、「日本語で頑張って言ってみました。次回はもっとうまく言えるように頑張ります。日本でぜひ撮影をしたく、それには日本語を学ばないといけませんね!」と話した。

その後、是枝監督が登壇してイザベル・ユペールに花束の贈呈。「実はイザベル・ユペールさんとはちょっとゆかりがあり、モロッコのマラケシュ映画祭で日本映画特集があった際、僕は団長として出席し、その壇上で僕たちを迎えてくれたのがユペールさんでした。その彼女が団長として来日したのだから今度は僕が迎えないといけないと思って、今日は駆けつけました。」と述べた。

続いて『淵に立つ』主演の浅野忠信と深田晃司監督が登壇。浅野さんは「僕はイザベルの大ファンで、今日は本当に嬉しいです。僕は映画のことはよく分かっていませんが、今日は、イザベルさんに会えるということで来ました。ぜひ深田監督に僕とイザベルさんの映画を撮って欲しいです。」と満面な笑顔で語った。

フランス映画祭2016は、6月24日(金)~ 27日(月)まで、有楽町朝日ホール、TOHOシネマズ日劇で開催されます。

 

 


 
  • 初心者も安心なフランス語教室
  • どんどん話せるフランス語
  • メールマガジン
  • オンライン通信講座
  • フランス語通訳・翻訳
  • 当サイトの音声付のコンテンツは下記のPCブラウザ及びスマートフォン・タブレット端末に対応してます。
    予めネット環境を設定の上、ご利用下さい。
    • 対応のPCブラウザ
    Safari、Google Chrome、FireFox、IE9以上(IE8以下は音声に非対応)
    • 対応のスマートフォンやタブレット端末
    iPhone,iPad, iPad mini などiOS、Android
  • 尚、一部非対応のコンテンツもございますので予めご了承ください。
©2016 Copyright France-jp.net. All rights reserved.