もぎたてフランス情報

ロマン・ポランスキー監督を拘束

2009.09.29

『戦場のピアニスト(Le Pianiste)』(02)で、カンヌ映画祭のパルムドールに輝いたホーランド出身の映画の巨匠、ロマン・ポランスキー監督(76歳)が9月26日、スイス警察当局に身柄を拘束されました。
今回はチューリヒ映画祭で生涯功労賞の授与式に参加のため、スイスへ入国したところ、チューリッヒ国際空港で逮捕されました。
この事件は1977年にジャック・ニコルソン邸で当時13歳の子役モデル、サマンサ・ゲイマーさんと性的関係を持ったとされ、アメリカでは未成年への強姦罪が適用されるため、映画撮影と偽って国外へ逃亡。長年、市民権を得ているフランスのパリで生活をしていました。ポランスキー監督はサマンサ・ゲイマーさんとは合意のもとで強姦ではなかったと主張。
2003年に『戦場のピアニスト』は米アカデミー賞監督賞にも輝きましたが、アメリカでの逮捕を恐れ、授賞式には出席しませんでした。
米国への引き渡しをめぐり、スイス映画監督協会は今回の拘束を抗議する一方、同監督が市民権を持つ仏政府は、ミッテラン文化相が擁護する声明を発表してます。

 
  • 初心者も安心なフランス語教室
  • どんどん話せるフランス語
  • メールマガジン
  • オンライン通信講座
  • フランス語通訳・翻訳
  • 当サイトの音声付のコンテンツは下記のPCブラウザ及びスマートフォン・タブレット端末に対応してます。
    予めネット環境を設定の上、ご利用下さい。
    • 対応のPCブラウザ
    Safari、Google Chrome、FireFox、IE9以上(IE8以下は音声に非対応)
    • 対応のスマートフォンやタブレット端末
    iPhone,iPad, iPad mini などiOS、Android
  • 尚、一部非対応のコンテンツもございますので予めご了承ください。
©2016 Copyright France-jp.net. All rights reserved.