フランス映画情報

フランス映画『Summer of 85』

『Summer of 85』
フランス映画情報フランスネット フランス映画情報フランスネット フランス映画情報フランスネット フランス映画情報フランスネット フランス映画情報フランスネット フランス映画情報フランスネット フランス映画情報フランスネット フランス映画情報フランスネット
© 2020-MANDARIN PRODUCTION-FOZ-France 2 CINÉMA–PLAYTIME PRODUCTION-SCOPE PICTURES

Titre français (仏題) : Été 85
Réalisé par (監督)フランソワ・オゾン
Avec (出演)フェリックス・ルフェーヴル、バンジャマン・ヴォワザン、ヴァレリア・ブルーニ・テデスキ、メルヴィル・プポー ほか
Durée(上演時間): 100分
Distributeur(配給): フラッグ、クロックワークス
Année et Pays de production (製作年・国): 2020年フランス映画
Date(公開日): 2021年8月20日(金)
Salle de cinéma(映画館): 新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ有楽町、Bunkamuraル・シネマ、グランドシネマサンシャイン池袋 ほか全国順次公開
Site officiel(公式サイト): http://summer85.jp

Synopsis

フランス映画界の名匠フランソワ・オゾン監督が、17歳の時に出会い、感銘を受けたエイダン・チェンバーズの小説「おれの墓で踊れ」を映画化した最新作。
1985年夏のフランス。セーリングを楽しもうとヨットで一人沖に出た16歳のアレックス。突然の嵐に見舞われ転覆した彼を救助したのは、18歳のダヴィド。二人は急速に惹かれ合い、友情を超えやがて恋愛感情で結ばれる。アレックスにとってはこれが初めての恋だった。互いに深く想い合う中、ダヴィドの提案で「どちらかが先に死んだら、残された方はその墓の上で踊る」という誓いを立てる二人。しかし、ダヴィドの不慮の事故によって恋焦がれた日々は突如終わりを迎える。悲しみと絶望に暮れ、生きる希望を失ったアレックスを突き動かしたのは、ダヴィドとあの夜に交わした誓いだった─。 
主演は、オゾンがオーディションで見出した注目の新鋭フェリックス・ルフェーヴルとバンジャマン・ヴォワザン。また、オゾン映画でお馴染みのヴァレリア・ブルーニ・テデスキ、メルヴィル・プポーも顔を連ねている。撮影は、フランスのノルマンディーに位置する海沿いのル・トレポールで行われた。


 
  • 初心者も安心なフランス語教室
  • オンライン通信講座
  • どんどん話せるフランス語
  • メールマガジン
  • フランス語通訳・翻訳
  • 当サイトの音声付のコンテンツは下記のPCブラウザ及びスマートフォン・タブレット端末に対応してます。
    予めネット環境を設定の上、ご利用下さい。
    • 対応のPCブラウザ
    Safari、Google Chrome、FireFox、edge(IE8以下は音声に非対応)
    • 対応のスマートフォンやタブレット端末
    iPhone,iPad, iPad mini などiOS、Android
  • 尚、一部非対応のコンテンツもございますので予めご了承ください。
©France-jp.net. All rights reserved.