フランス語インタビュー(映画俳優)

フィネガン・オールドフィールド インタビュー/ Interview de Finnegan OLDFIELD

フランス映画祭2018上映作品『マルヴィン、あるいは素晴らしい教育』で、同性愛者の主人公マルヴィンを演じた、フランス映画界注目の新星、フィネガン・オールドフィールドのインタビューです。
本作は『夜明けの祈り』『ココ・アヴァン・シャネル』のアンヌ・フォンティーヌ監督最新作で、学校でも家でも居場所がなかった少年が、学校の先生の勧めで演劇に出会い、自らの道を見出していくヒューマン・ドラマ。
今回は初来日で「子供のように嬉しいです!」とはしゃいでいたフィネガン・オールドフィールドさん。「ちょっと寝坊をしちゃってごめんなさい。」と部屋着姿で取材に駆けつけてくれました。昨晩は一緒に来日した俳優のスワン・アルローたちとビリヤードをして盛り上がったようです。

 

フィネガン・オールドフィールド プロフィール

フィネガン・オールドフィールド
1991年1月10日パリ生まれ。フランス人の母とイギリス人父をもつハーフ。
10歳の時に母に勧めで短編のオーディションを受け見事合格し役者デビュー。その後、13・14歳の頃に再びオファーを受け映画に出演。演じる楽しさを知り、この道で生きていくことを決意する。2011年に、ジャン・ユーグ・アングラード出演の『Mineurs 27』で、反抗的なティーンエイジャーを熱演しブレークする。
トマ・ビデガン監督の『Les Cowboys』(15)とアンヌ・フォンテーヌ監督の『マルヴィン、あるいは素晴らしい教育』で2度のセザール賞有望若手新人賞にノミネート。
 
  • 初心者も安心なフランス語教室
  • どんどん話せるフランス語
  • メールマガジン
  • オンライン通信講座
  • フランス語通訳・翻訳
  • 当サイトの音声付のコンテンツは下記のPCブラウザ及びスマートフォン・タブレット端末に対応してます。
    予めネット環境を設定の上、ご利用下さい。
    • 対応のPCブラウザ
    Safari、Google Chrome、FireFox、IE9以上(IE8以下は音声に非対応)
    • 対応のスマートフォンやタブレット端末
    iPhone,iPad, iPad mini などiOS、Android
  • 尚、一部非対応のコンテンツもございますので予めご了承ください。
©2017 Copyright France-jp.net. All rights reserved.