セドリック・カーン & ヴァンサン・マケーニュ クリスマスメッセージ

フランス語インタビュー(映画俳優)

セドリック・カーン監督 & ヴァンサン・マケーニュ クリスマスメッセージ

コロナ禍、来日が果たせなかった、カトリーヌ・ドヌーヴ主演映画『ハッピー・バースデー 家族のいる時間』のセドリック・カーン監督と出演のヴァンサン・マケーニュからのクリスマスメッセージです。
ロックダウン真っ最中のフランスで暮らすお二人に、「クリスマスメッセージを頂けますか?」とお願いしたところ、「日本は、クリスマスは祝えるの?」と少し驚いたようすで聞かれました。フランス人にとってノエル(クリスマス)は、家族で過ごす大切なイベント。コロナ感染予防のため、大人数で家族で集まれない寂しいクリスマスになってしまいそうだとのことです。(´;ω;`)

セドリック・カーン プロフィール

セドリック・カーン

1966年6月17日フランス、オー=ドゥ=セーヌ生まれ。思春期に映画に魅了され、パリ高等映画学院で学び、若くして映画界に足を踏み入れる。そして、20歳のときにフィルム編集アシスタントとしてキャリアをスタート。脚本家としても活動をしたのち、92年、24歳で映画監督デビュー。長編初監督作である『鉄道バー』をヴェネチア国際映画祭に出品、2作目の『幸せ過ぎて』でジャン・ヴィゴ賞およびカンヌ国際映画祭ジュネス賞を受賞。また『ロベルト・スッコ』が第54回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に、『The Prayer』は第69回ベルリン国際映画祭コンペティション部門に正式出品されている。また、俳優としても、エリー・ワジェマン監督の『ALYAH』に出演したのをきっかけに活動を始め、ローラン・ティラール監督の『おとなの恋の測り方』(19) や自身の監督作品『ハッピー・バースデー 家族のいる時間』(20) などに出演している。

ヴァンサン・マケーニュ プロフィール

ヴァンサン・マケーニュ

1978年10月19日、フランス・パリ生まれ。若い頃から芝居に興味をもち、1999年にフランス国立高等演劇学校に入学。初めは主に俳優、舞台演出家として活動していたが、2009年に友人のギヨーム・ブラック監督から短編作『遭難者』に出演を頼まれたのをきっかけに、映画界へも活動の場を広げる。2011年に、自身の初監短編映画『私たちに残されているもの』を発表。主な出演作品として、ギヨーム・ブラックの初長編監督映画『やさしい人』(13)、エリック・トレダノ&オリビエ・ナカシュ監督の『セラヴィ! 』(16)、オリヴィエ・アサイヤス監督の『冬時間のパリ』(19)などがある。

 
  • 初心者も安心なフランス語教室
  • オンライン通信講座
  • どんどん話せるフランス語
  • メールマガジン
  • フランス語通訳・翻訳
  • 当サイトの音声付のコンテンツは下記のPCブラウザ及びスマートフォン・タブレット端末に対応してます。
    予めネット環境を設定の上、ご利用下さい。
    • 対応のPCブラウザ
    Safari、Google Chrome、FireFox、edge(IE8以下は音声に非対応)
    • 対応のスマートフォンやタブレット端末
    iPhone,iPad, iPad mini などiOS、Android
  • 尚、一部非対応のコンテンツもございますので予めご了承ください。
©France-jp.net. All rights reserved.